春の足音が聞こえる

2024年 2月 9日  昨日のケアマネとの面談にて。 「このお茶・・・」 彼女が言い終わらないうちに、私は遮った。 あっ、苦手ですか? 飲まなくて大丈夫です、気にしないでください、と答えた私。 母は、このお茶を出したら、二度と飲みたくないって言ったので。 「違います、すごく香りが良くて、おしゃれなお茶なん…
コメント:0

続きを読むread more

どこかへ、ビュンと、飛んで行きたい。

2024年 2月 8日 こんな時だから、今年はスキップしようか? とも、考えたが、お雛様を出したい気持ちが勝った。 午前10時、ケママネ訪問。 2月4日からの事のあらましを再度説明した。 あの日、大学病院から帰る際に、看護師さんから、靴下と靴が見当たらないと言われて、茫然とした。 家から持ってこなか…
コメント:0

続きを読むread more

待ち望んだ青空

2024年 2月 7日 待ち望んだ青空と日差し ようやく、母のシーツを洗うことができた。 正確に言えば、洗うことは洗えても、干す場所がなくて保留にしていた。 晴れた日は、すべきことがてんこ盛り。 落雪で壊れたプランターのパンジーを植え替えたら、午前11時でため息が出る。 起きた物事に対する処理能力が…
コメント:0

続きを読むread more