青森県の旅 その5 十和田湖

2022年 10月 7日 松本清張の小説に描かれる東北は、暗くて、貧しい。

日本全国くまなく旅をしたわけではないが、今時、地方で、暗くて貧しいところは、まずないと思う。

(人口減少によるシャッター街は、貧しいに入らない)

むしろ、横浜や東京なんかより、づっと、豊かだと思う。

さて、十和田湖

IMG_0165.JPG

IMG_0166.JPG

IMG_0164.JPG

IMG_0160.JPG

IMG_0163.JPG

あっ、稲庭うどんだぁ! 

沖縄のホテルで(メニューにあるのだ)、毎度、冷たい稲庭うどんを食べるくらい好き。

大大大好きである。でも、稲庭うどんって、秋田県の名物じゃあなかったっけ?

タクシーの運転手さんによると、十和田湖は、青森県と秋田県にまたがっているのだそう。

というわけで、お土産屋さんの2階で、稲庭うどんを食べて、飛行場へ向かったのでした。

青森県の旅は、これでお終い。

IMG_0167.JPG

***


今日も寒い。

どうしても用事があって、母と昼食を食べてから出かけた。

声をかけようとしたが、母がぐっすりと眠り込んでいたので、黙って、家を出た。

オーバーを着ている人を見かけたが、そこまでは、寒いとは思えない。

今日の話は、明日にでも。




写真日記ランキング

この記事へのコメント